2006年03月28日

はす向かいのおじさん

はす向かいのおじさんと言っても、ご近所さんの話ではない。
オフィースではす向かいに座っているおじさんだ。
今日、ブログで書いて下さいよ。
と言われたので早速書いてみる。

はす向かいのおじさんは暇だ。知っている限り、今しなければいけない仕事などこれっっぽっちもない!
と断言していいほどはす向かいのおじさんのことは知らないが、まあホントにないだろう。

彼の暇は時折彼に突発的な行動を起こさせる。突発からイメージさせられる行動はドゥン!とかポーン!とか言う効果音かも知れないが、この突発は、こちらが受ける衝撃を表している。あまりの衝撃に見開いた目は閉じることを知らず、目線をそらすことを許さない。

いざなってくれる彼の世界はまさに誰も知らないアナザー・ワールド。一日に一度は何かある。そんな期待と恐怖がオフィスには漂う。

今日の「それ」はシャカシャカシャカという音と共に訪れ、世界を一変させた。椅子に反り返ったはす向かいのおじさんは、激しくずぼんを上下させていた!
ええexclamation&question
この行為は一体!?あんなことやこんなことが脳裏をよぎる。俺、もしかしたら話しかけられてるかもしれない。あのシャカシャカ、もしかしたらタモリの足踏みバリに言葉を表してるんじゃ、と思った。

でも解明するまで見てらんなかった。驚きのあまりしばらく見ちゃったけど、おじさんがこっちを向きそうになった瞬間目をそらした。やべーやべー、完全に釘付けになってた。目あったら一緒にシャカシャカやらされるかもしんねえ。

とか思いつつ仕事の振りして隣の奴とチャットした。隣の彼は、おじさんの全貌を見ていたらしい。おじさんはズボンをシャカシャカして万○計を進めていた、とのこと。
すげえ!すげえよ、はす向かいのおじさん!万○計の用途を全く無視してるやないか。ちょい悪やなー。おじさんが万○計を進める行為によって20分は仕事が止まり、俺の思考は地球の彼方へと飛んでったよ。

はす向かいのおじさん、あんたは、ネタの宝庫や〜。とまあ、こんなおじさんが俺のはす向かいに座ってます。

注)はす向かいのおじさんに万が一にも悟られないよう、万○計としています。
posted by yukesta at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>万○計の用途を全く無視してるやないか。ちょい悪やなー。

ギャハハハ(≧▽≦)!!
ジローラモ系だわぁ〜〜〜!!
すげぇ〜〜〜〜!!

衝撃と打撃をうけるね、
はすむかいの彼は・・・川 ̄ι ̄川フフフ
Posted by はなこ at 2006年03月28日 15:00
はす向かいってそういう...

ふふふ♡→ܫ←♡♪

なんかそういうひとがいらっしゃるだけでもそこ通ってる価値あるぅ(笑)

毎日の職場がちょっと楽しくなるねぇ(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
Posted by ハル(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) at 2006年03月28日 21:42
はす向かいってそういう...

ふふふ。

なんかそういうひとがいらっしゃるだけでもそこ通ってる価値あるぅ(笑)

毎日の職場がちょっと楽しくなるねぇ♪
Posted by ハル at 2006年03月28日 21:44
ここまで読んだ
Posted by tam at 2006年03月29日 02:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15594247

この記事へのトラックバック
ジェイエイ ジェイエイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。