2006年08月09日

遊牧民 is freedom

ご存知の通り、先日モンゴルにて遊牧民体験をしてきたわけですが、
その体験で記すべきあれこれを皆さんとシェアしたいと思います。


新しいものを取り入れるとき、誰もが思うのは
「いいとこどりしたい。」
それはモンゴルでも変わりはありません。モンゴルの首都ウランバートルでは、もう馬もいなければ畑もない、いわばさいたま新都心のようなところです。
人々は遊牧をやめてダイワハウスを乱立し、ビルにはシンドラーを導入し、近代化近代化のお祭り騒ぎをしていました。移動は主に車で、一応信号に従い止まりますが、信号はいわば共産主義の名残で、青といったら人が歩いていようが車が曲がりきれていなかろうが青です。 ブレーキなど踏むことなく突っ込んできます。
ちなみにモンゴルの交通ルールは信号だけです。私の乗ったタクシーは2車線道路の5車線目を走っていました。 ぼっこぼこの路肩を進むその姿はまさにキャラバン。おかげで車もぼっこぼこです。さらに、私の乗ったバスは渋滞を対抗車線から抜け出し、元の車線に戻れずに 対抗車線にも渋滞を引き起こしていました。この話を現地ガイドにしたところ、遊牧民 is freedomという言葉が返ってきました。近代的な仕組みは取り入れるけど、 自由は昔と変わらない。いいとこどり、完全に失敗でしょう。

Mongolia 047.jpg
*写真は5車線目を走るタクシーからの写真。
posted by yukesta at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁあ!!貴重な体験できましたねぇ!!

ハルもそういうのってものすごぉく興味あって...

だからもうお話聞いてるだけでもわくわく!!

freedom〜!!

あ!!ちなみに...

ハルは、何をしていたかといえば、出版されたエッセイ第一弾に引き続いて、今度は、第二弾、第三弾、そして依頼のシナリオで、ここ数日でなんと100万字近くも文章を打ってましたぁあ(^-^;)

活字から離れて、自然のなかをターザンにでもなって駆け抜けたいです...
Posted by ハル at 2006年08月10日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22150506

この記事へのトラックバック
ジェイエイ ジェイエイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。